ローヤルゼリー大百科

ローヤルゼリーの老化防止効果

健康食品のローヤルゼリーは、健康の基礎や美容効果、病気予防のほか、優れた老化防止効果も持っています。

ローヤルゼリーは優れた美容効果により、見た目の若々しさを保つだけでなく、体の中から若さをつくり、老化防止効果を発揮してくれます。

まず、ローヤルゼリーに含まれる、アピシンが、老化防止に優れた働きをみせてくれます。
アピシンとはタンパク質の一種で、細胞分裂を高速化するという働きをもっていて、さらに細胞を増殖させるという働きもあります。

細胞分裂の高速化、増殖により、細胞が若々しく保たれ、体の中から老化防止の効果を発揮します。
同時に肌のターンオーバーも正常化し、古い角質を除去することで、美肌効果を発揮し、見た目にも老化防止を実現してくれます。

そして、類パロチンというホルモンが、体を若々しく保つ効果を発揮します。
類パロチンとは、唾液腺から分泌されるホルモンで、筋肉や内臓、それに骨や歯など、体の様々な組織に働きかけることで、それぞれの組織に若々しさを取り戻す働きがあります。

本来は、パロチンというホルモンが、そうした役割を持っているのですが、パロチンは加齢と共に、分泌量が減少してしまいます。

比較的、早い段階でパロチンの分泌量は減少します。年齢にすると、25歳を境に減少してしまうのです。

ローヤルゼリーを摂取することで、類パロチンが、パロチンの代替として働くことで、体の様々な組織の、老化を防止してくれるのです。

また、ローヤルゼリーには、人体に必要な必須アミノ酸を全て含んでいます。
必須アミノ酸は、細胞の生まれ変わりに働きかけ、老化防止の効果を発揮します。

他にも、アセチルコリンという成分が、自律神経を正常化するよう作用し、ストレスを改善し、体全体をリフレッシュさせて、精神的な若々しさを取り戻すよう働きかけてくれます。

美容効果により見た目から、細胞の若々しさを維持することで、体の中から、そしてストレス改善で精神的な若々しさを支援し、複合的に老化防止効果を発揮してくれるローヤルゼリー。

ローヤルゼリーの健康習慣で、若々しい活力ある生活を手にいれましょう。

page top